本格的な電気自動車時代の到来2015/11/06 08:45

本格的な電気自動車時代の到来
最近、街中で日産リーフのような電気自動車を時折見かけるようになりました。
以前から、大きめのショッピングセンターへ行くと、電気自動車用の充電機器のコーナーがあるにはあったのですが、使われているところを見ることは無かったものです。
ところが、このところ電気自動車に乗る人が増えてきたと見えて、ショッピングモールの店内放送で、充電場からクルマを移動させてくださいと案内を良く耳にするようになりました。
早くからショッピングモールでの設置が進んでいるのは「充電しながらゆっくりショッピングをしていっぱいお金を使ってください」という趣向だからですが、電気自動車が増えてくると既に充電中の車がいてショッピングを終えて戻ってくるまで充電できないという事態になってしまいますし、その人がレストランで食事してたりシネコンで映画見てたりするともう最悪、電気自動車なんて選択した自分を責めてしまう羽目になります。

そんな黎明期の電気自動車インフラですが、近所のショッピングモールへ行ったところ、駐車場に見慣れない機器がありました。
NEC製の電気自動車用充電器です。まだ梱包材にくるまれていて運用開始前の状態ですが、なんとこの機械が駐車場の壁際の全ての区画に設置されています。
これならばたった1台分の充電器を延々と待たねばならないという状況には陥らずにすみます。
いよいよ本格的な電気自動車時代が到来したようです。

ただ気になるのは、こうしたらこうしたで今までのように電気自動車優先というわけにもいかず、ガソリン車もこれらの区画に駐車するようになるところで、土日の混雑時などはやっぱり充電できないという事態になりそう。
他の区画に空きがあっても充電器のある区画が空くのをひたすら待たねばならず、やっぱり電気自動車なんて選択した自分を責めてしまう人が発生するのは不可避のようですね。

ちなみにこの充電器、充電代金の清算は集中管理で行うようになっているようですが、気になるのはコスト。
こんなに大量の充電器を設置するのに幾らの費用がかかったのでしょうか?
一時期高騰していたガソリン代もようやく落ち着いてきて、今は湾岸戦争の頃の水準まで戻ってきましたが、それでもやはり電気自動車の燃料コストの安さは圧倒的です。
但しそれは家庭の電気代で計算した時の話、こういう街中の充電器で充電した時はいくらになるのか? もちろん機器の設置費用も上乗せしなければならないのでそう安くはならないと思うのですが、今度調べてみたいと思います。

とはいえ、電気自動車に乗る人が増えればコストも下がり、コストが下がればさらに電気自動車に乗る人も増えるので、今後電気自動車が増えるのは間違いなさそうですね。
通勤で毎日10~20km程度の距離を往復し、郊外の一戸建てに住む人々から普及が進んでいくように思えます。

新しいルパン三世2015/10/01 07:49

しばらくブログの更新をさぼってしまってました。
もともとこのブログ、クルマをテーマにしたブログにしようと思って始めたものですが、ここしばらくクルマに乗る機会がめっきり減ってしまってあまりネタが無いというところが大きいですね。

そういえば、今日から首都圏で放送が始まるルパン三世の新シリーズ、予告編をYouTubeで見てみました。



今回のシリーズ、なんと日本より先にイタリアで先行放送していたそうで、話の舞台もイタリアになってます。
当然、描かれる背景もヨーロッパの街並みで、出てくる車も欧州車。
予告編の中だけでもルパンの乗るフィアット500アバルトをはじめとして、アルファロメオとか、プジョーのパトカーとか、背景に描かれているクルマが結構精密に描かれていて、クルマ好きにはどうしてもそちらにばかり目がいってしまいます。
今日からの放送の中で、他にどんなクルマが出てくるのか気になるところですが、やはり一番気になるのは「プジョー1007」が出てくるかどうかですね。

プジョー1007については既に3Dモデル化されていて、一部のアニメ作品では背景を通過するクルマとして描かれてたりするのですが、今回のルパン三世の予告編を見るとどのクルマも手書きで書き起こされているように見えるので、1007の3Dモデルが流用されて出てくることはさすがに期待薄のようです。

北海道へGo!!2015/08/03 23:27

北海道へGo!!
北海道へ行ってきました。
じつに6年ぶりです。
前回はフェリーで1007とともに訪れたのですが、今回は飛行機で行き千歳空港でレンタカーを借りました。
割り当てられた車はマツダのアクセラです。

久しぶりに普通のクルマに乗って思ったこと。

「ドアを開け閉めするのって面倒くさい!」

すっかり怠惰な生活に慣れきってしまっています。いかんいかん。

あと、3泊4日の旅行中、交差点で間違ってワイパーを動かしてしまうこと12回。
うちの子供に至っては、車の乗り降りの際に何度も頭をぶつけ、たんこぶを作っていました。

ひさしぶりに違うクルマに乗ってみると、あらためて1007が特殊なのだと実感させられました。

アニメに登場2015/05/12 00:22

先週の水曜のこと、就寝前にTVを点けてみるとBS放送でアニメ番組をやっていたのですが、一瞬何かが画面を横切りました。

気になって動画配信のサイトを探し、一時停止させて見てみるとやっぱりそうでした。プジョー1007です。


プジョー1007


プジョー1007


プジョー1007


プジョー1007


前に「けいおん!」というアニメ映画で背景に1007が描かれているという噂は耳にしていたのですが、同じ制作会社が作った作品なのでおそらく3Dモデルデータをそのまま流用したのでしょうね。
もしかしたら他の作品にも流用されているかも。

「響け!ユーフォニアム」というこの番組、高校の吹奏楽部を舞台にしたドラマですが、思った以上に面白そう。1話から見てみたいですね。


RMTの時代が来るのか?2015/01/20 08:18

プジョー1007のシフトレバー
私がここ6年ほど乗っているプジョー1007というクルマ、3ドア車でありながらスライドドアだったりとか、変わったところだらけのヘンなクルマなのですが、ミッションもそのひとつ。MTでありながらペダルは2つ。クラッチペダルはありません。
実際には中にクラッチがあるのですが操作は機械が自動でやってくれるので普通のAT車と同じようにアクセルとブレーキだけで運転できます。
もちろんスピードに応じてギアチェンジも自動です。
但し停止中は普通のMT車同様にクラッチ切れますので、坂道発進の時はサイドブレーキを使った操作が必要。
というわけで、MT車とAT車の中間のような特殊なミッションです。

当時のプジョーではこの機構を「2トロマチック」と呼んでいましたが、その後欧州車で多く採用されるようになりRMT(ロボタイズドマニュアルトランスミッション)と呼ばれることが多くなりました。

このRMT、日本ではISUZUだけが早くも80年代から採用していましたが、他のメーカーには広がらずISUZUも乗用車から撤退したためバスで時折見かける程度となり、日本ではむしろ可変ギアを使った無段階変速のCVTが小型車を中心に主流になっています。

ところが最近流れが変わってきたようです。
昨年末にモデルチェンジした新しいスズキアルトでは、CVTのほかにこのRMTが選べるようになっています。
しかもRMTモデルはMT車と同じという驚きの価格設定。
たしかに、コンピュータの価格は年々下がり続けていますけど、ついにはクラッチペダルを取り付けるコストと同じ価格にまで下がってしまったということなのでしょうか?

さらにこのRMT,通常のAT車のようにクリープする機能が付けられていて、プジョー1007のように坂道発進で後ろに下がってしまうことも無いのだとか。(その分クラッチ板の減りが早くなるような気もしますが)

ともかく、アルトへの採用をきっかけに日本でもRMT車が増えて、車検屋さんのおじさんにキワモノ扱いされることは無くなっていくんじゃないかと思います。
あとは呼び名の統一ですね。昔のISUZUでは「ナビファイブ」と呼んでいましたし、今回のスズキも「AGS」と呼んでおり相変わらず各社バラバラ。
通常のAT車やCVT車と区別する言葉が無いと訳がわからなくなりますね。ゆくゆくは既に欧州車で使われているRMTに落ち着くんじゃないかと思います。

では、このスズキのAGS車、試乗した人ははたしてどのような感想を持つのか?
おそらく、「こんなガックンガックン走るクルマは嫌だ!」と思うんじゃないでしょうか。
私も最初にプジョー1007に試乗させてもらったときそうでした。
でもこれ、不思議なことにしばらく乗っているうちに操縦者とRMTがシンクロしてきて、じきになんら違和感なく走れるようになるというまるでロボットアニメの主人公のような体験が出来ちゃうんですよね。

そんなわけでここ6年ほどRMT車の人柱になってきた私ですが、驚異のコストパフォーマンスを実現させた量産型RMTの「アルト」がどんな走りをするものか、機会があれば試乗してみたいものです。

高いガソリン2015/01/12 22:09

2000円分だけ給油
この連休中、ひさしぶりに給油しました。
世界的な原油価格の値崩れに影響されて、一時期よりもかなり安くなっていますね。
テレビのニュースなどでも、「ガソリンが安くなったので満タン給油しちゃいました」なんて嬉しい声があがっているのですが...

ふっ これだからトーシローはいけねーや。
ニュース見てねぇのかい。原油価格は今後も値下がり傾向。しばらくすりゃもっと安くなるのさ。
必要最低限の量だけ入れとくのがプロってもんさ。

てなわけで、今回は2000円分だけ給油。

ああ、なんて賢い消費者なんだろうと得意げになってガソリンスタンドをあとにしドライブに出かけました。


だがしかし...
残額の残ったプリペイドカードを取り忘れてくるという痛恨の一撃。

まあ大した額ではなかったのですが、これなら全額給油しとけばよかった。
まさに「玄人のひとりごと」を地でゆく残念な結果になってしまいました。

新聞広告2014/11/28 08:11

冬のボーナスの時期が近付いてきたこともあり、新聞にクルマの広告が多く出るようになってきました。
アウディは全面広告を出稿


新聞広告


さらにページをめくるともう1枚???


新聞広告


どうやらこちらを最初に見るべきだったようなのですが、昔からのクセで私は新聞を三面記事側から読み進めてしまいます。
(子供はだいたいテレビ欄や四コマ漫画から先に見始めるものです)


新聞広告


シトロエンの広告もありました。
新しいC4ピカソのデザインは結構私好みです。(特に5シーターのほう)

とはいえ、今のプジョー1007を超える珍車でない限り食指は動きませんね。