放送打ち切りになってしまった不人気アニメを観る2015/04/13 08:31

イオン(太古店)のモビルスーツ
昨年香港に新しい地上波テレビ局HKTVが開局したと思ったら、なんと老舗のTV局であるATVがついに経営破綻してしまいました。
やはり香港の人口規模からすると、テレビ局の運営は2局が限界ということなのでしょうか?
本当は多くの人口を抱える中国本土へ放送できるといいのでしょうが、なにかと規制の厳しい国なのでそのままの内容で放送は難しいのでしょう。
日本の場合にはもっと人口が多いので、首都圏の場合にはNHKの他に民放5局が地上波とBSでそれぞれ別コンテンツを放送し、さらに各都道府県に1局づつローカル放送局が運営されています。

そんな中でいちばん新しく東京に出来たローカル放送局、東京MXTVは特にアニメ好きの人達には大人気で、アニメの最終回を見るために冬の富士五合目まで登る静岡の人とか、進学や就職先の志望条件をMXが観られる地域に絞る人とか話題には事欠きません。
そんなMXテレビですが、新作だけでなく「ウルトラQ」とか「機動戦士ガンダム」などの懐かしい名作も放送していて、当時見逃してしまった話なども見る事が出来ます。

そういうわけで、超人気作「機動戦士ガンダム」をMXテレビの再放送であらためて観てみました。
この作品、今でこそ名作中の名作ですが、名古屋テレビでの放送当時はほとんど注目されることが無く、視聴率が低いために途中で放送打ち切りになってしまったのは有名な話。
たしかに、こうして見直してみると最後の数話で急に話の展開が早くなり、敵幹部が次々と死んでいき味方のロボットや航空母艦も破壊されて終わりを迎えるという、いかにも放送打ち切りという感じになってます。
でも、それが逆に話が締まって面白くなったといえるかもしれません。

これと共通するのが昔良く見ていた韓国ドラマですね。
韓国本土で不人気で、途中で放送打ち切りになってしまったドラマの方が見ていて面白い。
逆に韓国本土で超人気作となった作品は放送回数を伸ばしてしまうので、最後の方は脚本がぐでぐでになってしまってとても見られたものじゃありません。

やはり世の中って、その時点での評価が全てじゃないということが多いですね。

東京マグニチュード8.02014/12/31 20:55

今年もあとわずかとなりました。
年末、どこにも出かける予定がなく、時間があったことから、以前より見ておきたかったアニメをレンタルしてきました。

東京マグニチュード8.0

東京マグニチュード8.0
2009年のアニメ作品です。

昨年、お台場にある防災施設「そなエリア」で放映されていた再編集ダイジェスト版は観ていたのですが、そちらは主に震災時の避難行動が中心にピックアップされてました。
(その時のブログはこちら

今回観たオリジナル版は心理描写が中心。災害で身近な人を失ってしまったり、安否が分からず不安に駆られる気持ちが細かく描かれています。
この作品が作られたのは東日本大震災の前ですが、その翌々年の震災で実際にこのような境遇になってしまった人もいるかと思うと心が痛みます。

一緒に観たカミさん。最近ことに涙もろくなっていて、子供が教科書の音読で「ちいちゃんの影おくり」とかを朗読しているだけで涙ぐんでしまうほど。
3話ほど見たところで早くも涙ぐんでしまっています。
そして最終話。まさに涙腺崩壊状態となってしまいました。

この作品。いわゆる「萌え」とか恋愛とは無縁の作品ですが、実に感動的な名作です。

さて、次は地元埼玉が舞台の「あの花」でも観ましょうか。
(いつになるかは分かりませんが)

さし絵スタジオを買った2014/06/29 14:08

「さし絵スタジオ2」というPCソフトがキャンペーンで安く売られていたので買ってみました。
最初に目にとまったとき、値段の安さもあってただのイラスト集か何かかな?と思ったのですが、じつはこれ本格的な3Dグラフィックソフトをベースにしたイラスト作成ソフトでした。
よく、仕事でプレゼン資料(というか社内営業資料)を作っていると、イラスト集を探してもなかなかイメージにぴったりくるイラストってなかなか無かったりしますけど、このさし絵スタジオだといろいろなシチュエーションが3Dモデルになっていて、あとは人物や表情を差し替え、好きな方向から見た絵がイラストに出来るので、割とイメージに近いイラストが得られそうな感じです。
それ以前に、シチュエーションのモデルをいろいろ選んでグルグル廻してみるだけで結構面白い。
昨年パソコンを買ったとき、値段の割にグラフィック性能の良いASUS X550D を選んだのだけど、あんまりグラフィック性能を必要とするような使い方をしておらず、例の香港3Dゲームもほとんど手を付けてないような状況で、完全に宝の持ち腐れ状態になってしまっていたのですが、ようやくこれで役に立ちそうです。
来年の年賀状はこれで挑戦してみようかな?

あと、このソフトの優れているところは、下の絵のようにいかにもな3DCG風の絵にも、アニメ風の絵にも質感を簡単に変えられるところ。じつはこのへんの実現がなかなか難しかったみたいで、ハリウッドから次々と全編CGのアニメが出てくる一方で、質感に対する違和感からなかなか日本ではCGモデルのアニメって実現しなかったのですが、日本人にも違和感の無いCGモデルのアニメが作れるようになったのはようやくここ数年のことだそうです。

さし絵スタジオを買った

さし絵スタジオを買った


このソフト自体は何年か前から売られているものらしいのですが、これが3000円程度で手に入ってしまうとなると、単なるイラスト集の感覚で入手して使う人が今後増えていきそうな気がします。

ヤマト21992014/06/26 22:51

昨日、夜中にTVをつけてみると、宇宙戦艦ヤマト2199の再放送をやっていたので少しだけ見てみた。
1974年に放送していた宇宙戦艦ヤマトを観た世代としては、どうしても前作と見比べてしまう。
前作には描かれていなかったガミラス側の人間模様が描かれていて思わず引き込まれてしまい「しまった、こんな話だったら観ておくべきだったか」と一瞬後悔してしまったのだが...
話がガミラス星からヤマト側に切り替わると、何か違和感がある。
何だろう? 地球がガミラス星からの攻撃に遭い、人類滅亡まであと数百日、最後に残った唯一の望みとして決死の覚悟でイスカンダル星まで戦い抜く、もし敗れれば人類は滅亡してしまうという悲壮感が全然感じられてこない。まるでスタートレックのような冒険の旅のような雰囲気なのはどういったことなのだろうか?
と思い、インターネットで「ヤマト2199 悲壮感」で検索してみると、やはり同じことを感じている人が多い様子であった。

昔見た宇宙戦艦ヤマトって、今のアニメに比べるとたしかに絵は拙いかもしれない、でも戦っているときの悲壮感や緊迫感が観ている側にもひしひしと伝わってきたのはどうしてだろう。
思うに、初代の宇宙戦艦ヤマトでは、原作者も含めて実際の戦争の記憶が残っていたからではなかろうか。
それで、はからずともその悲壮な雰囲気が作品全体に盛り込まれているのだと思う。

そのようなわけで今回のヤマト2199によって初代宇宙戦艦ヤマトがいかに名作であったかを再認識することができた。

TVで紹介されました2014/06/02 22:52

2010年の夏に韓国を訪れた際に、現地のガチャガチャのことをブログに記したのですが、この時の写真がTVで紹介されました。
当時のブログ記事はこちら

今回放送されたのはテレビ朝日「これぞ!ニッポン流!」、5月31深夜の放送分の「ガチャガチャ」の回です。

TVで紹介されました


2週間ぐらい前に番組のスタッフの方から引用の依頼があり、番組の中で世界のガチャガチャ事情を紹介するときに、参考写真として使われました。


Windows8って...2014/04/24 08:17

Windows8 電卓
昨年買ったWindows8パソコンの操作方法が分からなくって、マイクロソフトのサポートページのお世話になってしまいました。

何が分からなかったかというと、「電卓」の使い方。
消費税を逆算するために電卓を使おうと思い、例のタイル画面を探したのだけど、無い...

ここで右クリック (そもそもこの操作の存在自体が分かりにくいので、ここで既に一見さんお断りの世界ですよね) して、「すべてのアプリ」を出せば当然出てくるのだけど、電卓みたいに頻繁に使われるアクセサリだったら当然、もっと一発で出す方法があるはず。と思い一生懸命探すのですが、どうしても見つかりません。

それで結局マイクロソフトのサポートページを見て分ったこと。
「すべてのアプリ」から起動するとのことでした。

たしかに、Windowsの場合、過去のバージョンから操作性を引き継がねばならないという大きな制約はあるのでしょうが、ユーザがカスタマイズ出来るようになっているのでそれでOKというスタンスにあまりにも倒れすぎているように思えてなりません。

今週の気になる記事2014/04/15 08:06

今週発売のビジネス誌の中で気になった記事。


で、何が気になったかというと、「業務連絡はLINEで」というわけで、ビジネスへの活用を薦めるような記事があること。
たしかに、最近は携帯電話を使って同じビル内で業務連絡することが当たり前のように行われているので、LINEを使えば通信費用の削減効果ってとっても大きいですよね。
なのでそれぞれの会社の判断で導入してもらっていいんじゃないかな。
(実際のところは社員が勝手に使いだしているというのが実態じゃないかな。派遣社員だと携帯電話を貸与してもらえないし...)

で、改めて何が気になったかというと、少し前にBAIDU IMEがログ情報を百度のサーバに送信してしまうということで大騒ぎになり、削除の通達が出た会社や官庁も多かったみたい。
そんな大騒ぎした会社でもLINEの使用は推奨(もしくは容認)するんですかねぇ。
やっぱり総務課としては通信費削減の魅力には抗えない?
でも私にはBAIDU IMEはNGで LINEはOKになる理屈が分かりません。

さて、世の中の皆様のITリテラシの程度はいかに。