福島:放射線量の実際2014/05/15 23:21

ビッグコミックスピリッツで連載されている「美味しんぼ」の表現で物議をかもしている福島の放射線量ですが、実際のところはどうなのか...
GWの旅行でガイガーカウンターを持参し、測定しました。
今回の測定地点は福島市千貫山、UFOふれあい館の近くです。
昨年とは測定地点が異なるので直接比較することはできませんが、0.40μsv/hと、昨年見花山で測定したときの半分以下でした。

千貫森@福島市

千貫森@福島市


昨年、ドライブしながら測定して分かったのですが、狭い範囲でも検出される放射線量は大きく異なり、見花山の園内でも場所によっては1.0μsv/hを超えるところがある一方で、0.10μsv/hと都内とほとんど変わらないところもあるなど、まだらに汚染箇所が存在しているようで、実際のところは福島県内の大半の場所は県外の人が考えているほど放射能に汚染されているわけでは無いことが自分の目で確かめられた次第でした。
さらには、測定値の高いところでも、この1万倍くらいの放射線を浴びなければ鼻血を出すような急性放射線障害になることはないはずですが、一介の漫画家がそのような知識をもつべくもなく、「はだしのゲン」あたりを参考に「放射線を浴びる→鼻血が出る」ということでペンを走らせただけのことじゃないかと思います。


[追記]
もちろん、フクイチの構内であればこの1万倍の放射線量が出ているところも残っているものと思いますが、そんなところに取材で近づかせてもらえるわけがありません。
作業員でさえ近づけないので千葉工大のロボット頼みになるわけです。


求人広告@東京都北区赤羽2014/03/09 16:36

求人広告@東京都北区赤羽
赤羽の電柱に貼ってあった求人広告の貼り紙です。
フクシマでの除染作業員のように思えますが、「放射能の」除染であるとはどこにも書いていないので、もっと危険なものの除染に従事させられる可能性もありますねぇ。
と、そこまで判断がまわる人が応募することはないでしょうが...

山陰旅行3日目2013/08/26 00:20



山陰旅行3日目


一夜明けて旅行3日目。
今日は出雲大社へお参りです。
ナビはしきりに高速道路へ誘導しますが、無視して宍道湖沿いの道を進みます。
早い時間に訪れたため渋滞に巻き込まれることもなく、出雲大社の駐車場にもスムーズに入ることができました。


山陰旅行3日目


山陰旅行3日目


出雲大社でお参りし、次は倉吉の街を目指します。


山陰旅行3日目


途中、琴浦町のいけすのあるレストランでお昼。


山陰旅行3日目


山陰旅行3日目



給油したあと無料の高速に乗り、すぐにパーキングエリアでトイレ休憩。
地元の「白バラ牛乳」を飲みました。

山陰旅行3日目


しばらく走って倉吉の街に到着。先日買った地図では高速の終点が倉吉ICとなっているのにさらにその先に続いているので面食らってしまいました。山陰地方は高速の建設ラッシュですね。この辺誰か有力な政治家でもいたかな?
民主党政権下でもちゃくちゃくと建設を進めていたのですね。
駐車場にクルマを停めて街の中をひとめぐり。白壁の倉と小川がいい感じです。


山陰旅行3日目


そのあと、二十世紀梨記念館へ立ち寄り。梨といえば「幸水」とか「豊水」が人気ですが、私はもっと歯応えのあってジューシな「長十郎」が何より大好き。
しかし、そんな長十郎信者の私にとって衝撃的なことが...
この二十世紀梨記念館の試食コーナーで食べたひとつ「夏さやか」という品種。「うまい、うますぎる」
ついに長十郎至上主義から解脱することに。
そんな衝撃的な旨さの味覚に出会えるとは思ってもいませんでした。
この「夏さやか」埼玉近辺で売られているところを見たことがありませんが、これから間違い無く普及してくるのでしょう。


山陰旅行3日目


さて、今夜の宿は倉吉の町からほどちかい三朝温泉。三朝と書いて「みささ」と読むのですね。知りませんでしたが、関西では常識?
倉吉の街を発つときに持参したガイガーカウンタのスイッチをオン。
じつはこれまで知らなかったのですが、三朝温泉は日本でも有数のラジウム泉なのだとか。そんなわけで2011年に購入したガイガーカウンタを持ってきてみました。
倉吉の街中では0.09マイクロsv と、東京よりも若干低い程度。ところが温泉旅館が現れ始める三朝町役場前にさしかかると0.12まで上昇。さらに温泉街に入って河原に露天風呂のある橋を渡ると0.15まで上昇。これは本物ですね。
今日の宿は温泉街の中心から少し離れた山の中腹にある「三楽荘」さん。


山陰旅行3日目


この宿、繁華街に繰り出すには不便ですが、小ぢんまりしていて家族連れでゆっくり滞在するにはとても良い宿でした。
小規模な宿にもかかわらず、温泉は広々していて気持ち良かった。
さて、持参したガイガーカウンタですが、人のいない時間を見計らって浴室に持ち込んでみました。
脱衣場で0.15マイクロシーベルト。これが浴室でお湯に近づければ、放射線量は一気に急上昇!
と思いきや、湯船のお湯にガイガーカウンタを近づけて見たところ0.12と逆に脱衣場よりも下がってしまいました。
私の推測ですが、お湯に遮蔽されてしまい、放射線はあんまり飛ばないんじゃないかと思います。
つまり、このお湯に浸かってもたいして被爆しないということですね。
部屋に置いてあった解説書には低線量放射線被爆による健康効果(ホルミシス効果)が解説されていて、実際に三朝町の癌の発生率は全国平均の半分なのだそうです。
なんと、ここで大失態。
なんとガイガーカウンタを脱衣場に置き忘れることに。
翌日、フロントに片付けられていたガイガーカウンタが無事戻りました。

山陰旅行3日目


山陰旅行3日目


実際のfukushima2013/05/04 05:32

福島市内の放射線量 思っていたほど高くありませんでした
花見山を見終えて、福島市の中心街を車で通ります。
このあたり、除染が進んだのか手持ちのガイガーカウンターの示す値は柏あたりと変わらない値まで下がりました。
じつは福島県内を移動中、ガイガーカウンターの電源を入れておいたのですが、全般的に想像していたほどの高い値は出ず、大体こんなものでした。
但し、ところどころ0.5~1μsv/hを示すような地点もあります。
これまで漠然と福島県=汚染された土地というイメージを抱いてしまっていたのですが、実際に足を運んでみて、全体がそういうわけでは無いということがわかりました。

ただ、ここまで戻るまでには福島の人々の大変な苦労があったわけで、今回のドライブで通った県道沿いの畑に、除染した土を保管した青いビニールシートが置かれている光景を幾度となく目にしました。

震災と原発事故から2年。
未だ広い範囲が立ち入り禁止区域となっており、仙台行きのスーパーひたち号も復活してはいませんが、広い福島県内の大半は普通に生活しています。
あとはそういった地域の「風評」をどう解消するかが大きな課題ですね。
そういった意味で、今回実際に足を運んでみた意義は大きかったと思います。

fukushimaなう2013/05/03 09:40

福島県いわき市
東北へドライブに来ています。
今は福島県いわき市。
子連れということもあって不用意に高線量のところに足を踏み入れてはいけないと思いガイガーカウンター持参で。
このあたりの線量は0.13
東京とあまり変わらないですね。

自宅の放射線量2012/08/12 00:10

ガイガーカウンター
ここしばらくしまいこんであったガイガーカウンターを出してみました。
0.08マイクロsv/h
だいたいいつもどおりの値ですね。

きのうの夕刊2012/07/03 07:39

一瞬ドキリとしてしまいました。
東電ではなく関電の話だったのですね。
またイソジンを買わねばと思ってしまいました。